関西大学体育会少林寺拳法部



テキストサイズ 小 |中 |大 |







関西大学体育会少林寺拳法部 since 2015-03








50周年史

50周年をむかえて

文章アンダーバー.png

合掌
関西大学体育会少林寺拳法部創立50周年に当り、千竜会(OB・OG会)会長として一言ご挨拶申し上げます。
昨年無事50周年を迎えることができましたのは、ひとえに関西大学の関係者の皆様方の、絶大なるご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。又大学外部におきましても、一般財団法人少林寺拳法連盟、関西学生OB連盟、友好他大学の皆様等の、たくさんの皆様のご協力のおかげと深く感謝申し上げます。本当に有難うございました。
少林寺拳法は、スポーツだけにとどまらず、人づくりの道だといわれています。
我がクラブは大学体育会である以上、常に勝利に向かって精進するのは当然ですが、学生に対しては、このクラブ活動を通じての全人格的な成長を求めています。学生である以上、勉学との両立は絶対条件であり、クラブ運営を通じてのマネージメント力の養成、社会人としてのリーダーとしての素質の向上等、このクラブが社会に役立つ「人づくりの場」であることを目指しています。
現役諸君は、大会での優秀な成績を残すことで、「強い関大」の一翼を担い、卒業後のOB・OGは、社会の中での「強い関大人」として活躍することが、本当の意味での「強い関大」 に繋がるものと信じています。その意味でOB・OG会におきましても、単なる現役支援や互助組織ではなく、お互いが切磋琢磨し高めあう組織であることを目指したいと存じます。
これからも、関西大学体育会少林寺拳法部は、この理念の元、更なる60年70年さらには100周年をめざし活動を続け、頑張る所存でございますので、今後ともより一層のご指導ご鞭撻を賜ります様お願い申し上げます。
                                            結手










関西大学体育会少林寺拳法部 千竜会(OB・OG会)
会 長  杉田 裕彦

関西大学体育会少林寺拳法部 千竜会(OB・OG会)会長 杉田裕彦

50年の歩み

文章アンダーバー.png


50年の歩み 昭和39年1月/初代 関西大学少林寺拳法部設立 平成5年/関西大学100周年記念会館にて武道系式典初の「少林寺拳法同好会創立30周年記念式典」挙行 平成12年12月/少林寺拳法同好会、体育会に念願の昇格 平成16年/少林寺拳法部昇格後初の「創立40周年記念式典」挙行  平成26年/少林寺拳法部「創立50周年記念式典」挙行

ページの先頭へ

関西大学体育会少林寺拳法部 since 2015-03 / Copyright 2015 All Rights Reserved.